パンデミック時の接続はビジネスに不可欠
ジェフ・ヘイスティングス CEO(最高経営責任者

パンデミックは、私たちの生活におけるコネクティビティの重要性を浮き彫りにした。子供たちの学習方法、友人や家族との付き合い方、そして仕事の仕方にも適応しなければならなくなった。テクノロジーは、物理的に離れていても人々を結びつける重要な役割を果たし続けている。

このパラダイムシフトは、特にAVスペースにおいて当てはまる。特にデジタルサイネージは、パンデミックの間、私たち全員を教育し、情報を提供するという重要な役割を果たした。学校であれ、職場であれ、食料品店であれ、公共スペースであれ、デジタルサイネージは、私たちが毎日を過ごす中で、安全と情報を提供し続けるための重要な手段なのです。

このようなことを可能にしているインフラを、私たちは時として当然だと考えてしまいます。この1年で、AVネットワークを安全に維持するためにクラウド接続がいかに不可欠になったかが明らかになった。しかし、有線またはWiFiでのインターネット接続が不可能な場所や信頼できない場所ではどうなるのでしょうか?

信頼性の高いインターネット接続を欠くネットワークは、維持するのが最も困難なネットワークのひとつである。だからこそ、私たちは、これらの困難なネットワークにクラウド接続をもたらす新しい方法を見つけ続けなければならない。モバイル(携帯電話)接続は従来、プライマリ(あるいはバックアップ)ネットワーク接続としては高価すぎた。しかし、デジタル・サイネージを含むIoT型デバイスの接続コストを引き下げようとする通信事業者の動きが見え始めている。

コンテンツの更新や現場での問題のトラブルシューティングは、今日の最新のAVネットワークにはふさわしくない、コストのかかる非効率的な行為です。将来的には、すべてのデジタル・サイネージ・デバイスが、より簡単に、コスト効率よく接続できるようになると期待しています。