BrightSign パワーズ大麻薬局

BrightSign, LLC®デジタル・サイネージ・メディア・プレーヤーのグローバル・マーケット・リーダーである株式会社デジタル・サイネージ(本社:東京都港区、代表取締役社長:柴田淳、以下「デジタル・サイネージ」)は本日 オンワード・コンテンツ そして ピンHD にデジタルサイネージを統合する。 ライトシェードの大麻薬局.Lightshadeは、コロラド州を拠点とする、娯楽用および医療用の大麻製品を扱う一流調剤薬局である。同社の8つの調剤薬局にはそれぞれスクリーンが設置されており、各店舗の雰囲気を演出し、購入可能な幅広い製品について顧客を教育するために、豊富な教育コンテンツを配信している。

「店内スクリーンは、小売環境において顧客や患者に最高の教育・学習機会を提供するというLightshadeの継続的な努力の重要な要素です」と、Lightshadeのマーケティング・企業社会的責任担当ディレクターであるLisa Farrimond-Gee氏は述べた。「BrightSign、Ping HD、Onward Contentのような信頼できるパートナーと協力することで、コンテンツ管理とデジタル配信のための完璧なターンキー・ソリューションを提供することができます。

オンワード・コンテンツは、以下の制作を専門とするクリエイティブ・ファームです。 教育ビデオ は大麻業界向けに、膨大な数の情報ビデオ、メニューボード、カスタムブランデッドコンテンツを制作した。これまでに合計160本以上のビデオアセットが制作され、今後も制作が予定されている。

「大麻をポジティブに体験してもらうためには、教育が重要です。デジタルサイネージを通じてダイナミックなコンテンツで消費者に直接アプローチできることは、それを実現する鍵です」と、オンワードコンテンツのエグゼクティブ・プロデューサーであるジュリー・バトキエヴィッチは語る。「私たちは、Lightshadeのために、教育だけでなく、ブランドと製品のプロモーションを可能にする、有益なカスタム・コンテンツの幅広いライブラリを制作しました。

Lightshadeの各調剤薬局には、ロビーに設置されたスクリーンもあれば、バッドベイに設置されたスクリーンもある。ピンHDの エンゲージPHD コンテンツ管理ソフトウェア(CMS)は、ネットワーク全体でコンテンツを管理するために使用され、Lightshadeの全8つの小売店舗に分散配置された22台のBrightSign LS Series 4メディアプレーヤーにコンテンツをプッシュします。

「私たちは頻繁に新しいコンテンツを各拠点にプッシュします。そのため、信頼性が高く、毎回動作するハードウェアを使用する必要があります。「BrightSignを使用することで、各映像アセットが常に意図した通りに表示されることが保証されます。

オンワード・コンテンツが作成した160以上のビデオ・アセットのユニークなプレゼンテーションを最大限に活用するため、40以上のプレイリストが毎週数回ローテーションされ、1つの調剤薬局で2つのスクリーンに同時に同じコンテンツが表示されないようになっている。これにより、コンテンツが陳腐化することがなく、各顧客が店に入るたびに新鮮な体験を楽しむことができる。

BrightSignのデジタルサイネージ製品ポートフォリオに関する詳細は、以下をご覧ください。 https://www.brightsign.biz/.