クイックスタートガイド

BrightSignで始めましょう。

BrightSignで始める

BrightSignプレーヤーを使い始めるのは、1-2-3のように簡単です。

セットアップ Control Cloud

OS 8.0.15以上

BrightAuthor:connectedを使い始めるには、以下の手順に従ってください。

コンピュータのモニターに映し出されたBrightAuthor:connectedのロゴ

1.BrightAuthor:connectedのダウンロードとインストール

BrightAuthor:connectedデスクトップアプリケーションをダウンロードする。
コンピュータのモニターに映し出されたBrightAuthor:connectedのロゴ

2.Control Cloudアカウントとネットワークのセットアップ

  • BrightAuthor:connectedを開き、接続をクリックする
  • Sign新規ユーザーとしてBSN.cloudに登録
  • 電子メールの検証
  • BrightAuthor:connectedに戻る
  • オレンジ色の接続ボタンをクリック
  • Signを入力し、ネットワーク名を付け、createをクリックします。

コンピュータのモニターに映し出されたBrightAuthor:connectedのロゴ

3.供給選手

  • イーサネット経由でプレーヤーをライブ・インターネット接続に接続
  • HDMIでプレーヤーをスクリーンに接続
  • 空のSDカードでプレーヤーの電源を入れる
  • BrightAuthor:connectedダッシュボードのActivate Deviceをクリックし、接続したディスプレイの紫色の画面に表示されるアクティベーションコードを入力します。
  • プレーヤーはセットアップを行い、この過程で何度か再起動します。
  • 完了すると、紫色のウェルカムスクリーンが表示されます。

コンピュータのモニターに映し出されたBrightAuthor:connectedのロゴ

4.次のステップ

セットアップ Control Cloud

OS 8.0.15以上 + お好きなパートナーCMS

BrightSignパートナーのCMSを使い始めるには、以下の手順に従ってください。

1.Control Cloudアカウントを開設する

  • オープン コントロール.bsn.クラウド
  • Sign新規ユーザーとしてBSN.cloudに登録
  • あなたのEメールアドレスに送られたリンクをクリックしてEメールを確認する。
  • オレンジ色のLOG INボタンをクリックしてください。
  • Signを入力し、ネットワーク名を付け、Createをクリックします。

2.デフォルト・セットアップ・パッケージを作成する

  • 管理タブに移動し、デバイスセットアップを選択します。
  • Default Setup」のパッケージ名を図のように正確に入力する(大文字と小文字は区別されます)。
  • 希望するデバイス設定を記入し、パートナー・アプリケーションでCMSを選択する。
  • セットアップファイルをライブラリに追加を選択し、デバイスのセットアップを保存します。

3.供給選手

  • イーサネット経由でプレーヤーをライブ・インターネット接続に接続
  • HDMIでプレーヤーをスクリーンに接続
  • 空のSDカードでプレーヤーの電源を入れる
  • アクティベーションコードが接続された機器の紫色の画面に表示されたら、「デバイスをアクティベート」を選択します。
  • プレーヤーのセットアップと再起動が数回繰り返され、終了後、パートナーCMSのアクティベーションプロセスが開始されます。

4.次のステップ

  • 私たちを見る チュートリアルビデオ Control Cloudアカウントを使用して、リアルタイムで選手のヘルスとコントロールを表示する方法については、こちらをご覧ください。
  • 選択したCMSのアプリケーションを使用して、プレゼンテーションを作成し、選手に公開する。
  • 豊富な ドキュメントを確認する
  • ナレッジベース、FAQ、コミュニティフォーラムをご覧ください。 サポートページ

コンテンツクラウドの設定

OS 8.0.15以上

Content Cloud を使い始めるには、以下の手順に従ってください。

コンピュータのモニターに映し出されたBrightAuthor:connectedのロゴ

1.BrightAuthor:connectedのダウンロードとインストール

BrightAuthor:connectedデスクトップアプリケーションをダウンロードする。
コンピュータのモニターに映し出されたBrightAuthor:connectedのロゴ

2.Control Cloudアカウントとネットワークのセットアップ

  • BrightAuthor:connectedを開き、接続をクリックする
  • Sign新規ユーザーとしてBSN.cloudに登録
  • 電子メールの検証
  • BrightAuthor:connectedに戻る
  • オレンジ色の接続ボタンをクリック
  • Signを入力し、ネットワーク名を付け、createをクリックします。

コンピュータのモニターに映し出されたBrightAuthor:connectedのロゴ

3.Content Cloud 30 日間トライアルを有効にします。

  • 管理者タブに移動する
  • Content Cloudのトライアルボタンをクリックします。
  • 画面上にトライアルの確認が表示されたら、BrightAuthor:connectedのダッシュボードにアクセスしてください。

コンピュータのモニターに映し出されたBrightAuthor:connectedのロゴ

4.供給選手

  • イーサネット経由でプレーヤーをライブ・インターネット接続に接続
  • HDMIでプレーヤーをスクリーンに接続
  • BrightAuthor:connectedダッシュボードのActivate Deviceをクリックし、接続したディスプレイの紫色の画面に表示されるアクティベーションコードを入力します。
  • この間、プレーヤーのセットアップと再起動は何度も行われません。
  • 完了すると、紫色のウェルカムスクリーンが表示されます。

コンピュータのモニターに映し出されたBrightAuthor:connectedのロゴ

5.コンテンツの公開

すでにControl Cloudユーザーですか?

すでにControl Cloudをお使いの方は、以下の手順に従ってください。

1.Content Cloud 30 日間トライアルを有効にします。

  • 管理者タブに移動する
  • Content Cloudトライアルボタンをクリックします。

2.新しいセットアップパッケージを作成する

  • デバイス設定をクリック
  • デバイスタイプとしてBSN.cloud Networkingを選択します。
  • 必要に応じてその他の設定を入力する
  • 完了したら、Add Setup File to Library をクリックします。

3.リプロビジョニングのためにプレーヤーを準備する

  • 管理タブに移動し、デバイスセットアップを選択します。
  • デバイスのプロビジョニングをクリックします。
  • コンテンツ クラウド用に再ビジョニングするプレーヤーのチェック ボックスをオンにします。
  • Apply Setup]([デバイスプロビジョニング]リストの上)をクリックします。
  • コンテンツクラウド用に作成したセットアップを選択します。
  • セットアップの適用]ボタンをクリックします。
  • プロビジョニングリストでセットアップファイルが正しく更新されていることを確認する。

4.リプロビジョン・プレーヤー

  • ネットワーク」タブへ
  • リストで再ビジョン化するプレーヤーを見つけ、歯車をクリックしてリモートDWSを開きます。
  • コンテンツ クラウド用に再ビジョニングするプレーヤーのチェック ボックスをオンにします。
  • コントロールタブをクリック
  • Reprovision Deviceセクションの "Update "ボタンをクリックします。
  • プレーヤーがリセットされ、新しく作成したコンテンツ・クラウド・ファイルでセットアップされます。

5.コンテンツの公開