コンテクスト・センシティブなSignageがレベルを上げる
ジェフ・ヘイスティングス CEO(最高経営責任者

センサーをスマートに利用することで、文脈に応じたサイネージの作成が可能になり、インタラクティビティが意味するものを一変させるだろう。将来的には、サイネージは見て、聞いて、感じて、周囲の環境に反応し、サイネージとのインタラクションが自然になり、他の人とのインタラクションに近くなる。 

例えば、店内のディスプレイから商品を選んで手に取ると、近くにいた販売員が近づいてきて、その商品についてもう少し詳しく教えてくれるかもしれない。そのとき、彼らはあなたの言葉だけでなく、あなたの表情やジェスチャーにも反応する。

新しいセンサーによって、デジタル・サイネージ・ディスプレイも同じように反応できるようになった。ディスプレイは例えば、クリエイティブな照明で顧客の目を引くことで、商品を手に取るよう誘うことができる。商品の動きセンサー、NFC通信、RFIDタグは、どの商品が動かされたかをサイネージに伝え、それに応じて画面上のコンテンツを調整する。顔認識技術により、サイネージは顧客の年齢、性別、気分、視線の方向を推定することができる。ジェスチャー・コントロールは、コンピューター・ゲームではすでに一般的であり、ここでも応用することができる。 

小売業者にとってのメリットは、売上増にとどまらない。センサーからのフィードバックを記録し、貴重なマーケティング情報を提供することができる。商品は何回手に取られたのか?頻繁に手に取られ、購入されずに戻される商品もあれば、コンバージョン率がはるかに高い商品もあるかもしれない。 おそらく、あるセグメントの動画は、他のセグメントよりも購買を促進することに成功しているのだろう。 

私が最近見たセンサーの活用で最も革新的な例のひとつが、First Impression audiovisualが手がけたアムステルダムにある受賞歴のあるHouse of Ritualsの体験型店舗である。ここでは、5つのフレグランスファミリーにまたがる25の特別なフレグランスからなるタリスマンコレクションが展示されている。ここでは、リチュアルズの香りのプロフィールを世界的に知られる2つのデータベースと結びつけたAVディスプレイで、顧客は自分の好きな香りに基づいてリチュアルズの香水を選ぶことができる。顧客が最初に好きな香水を入力すると、システムは自動的にリチュアルズの香水から最も近い香りを探し出す。さらにアンケートで、顧客が好きな基本成分を入力すると、アプリケーションはその香りに沿ったすべての香水のボトルの下にLEDライトを照らし、可能性を3つに絞り込み、顧客はそれを試用して購入することができる。顧客がディスプレイからガラスピペットを手に取ると、香水の成分と背景情報を紹介するビデオが再生される。 

この優れたディスプレイによって、ファースト・インプレッションは、人間のセールス・アシスタントとの対話を再現することに限りなく近づいた。彼らは、AIや機械学習に移行することなく、センサーを標準的なデジタルサイネージ・プレーヤーと組み合わせるだけでこれを実現した。間違いなく、コンテクスト・センシティブ・サイネージとこれらのテクノロジーを組み合わせることで、さらにエキサイティングな体験を生み出すことができるだろう。