BrightSign選手がスリリングな体験を提供

160階建て、高さ828mを超えるドバイの超高層ビル、ブルジュ・ハリファは、10年近く前から訪れる人々を驚かせてきた。頂上への旅は、気の弱い人には向かない。世界一高い屋外展望台からの息をのむような眺望や、地球上で最も遠くまで移動するエレベーターでの高速クルーズだけでなく、スリルを求める人は、没入型バーチャルリアリティシミュレーションのおかげで、建造物の外側をよじ登ったり、頂上からパラシュートで落下したりする体験ができる。

このような状況の中、タワーのオーナーであるエマール・プロパティーズは、1日に約1万人が訪れる「アット・ザ・トップ」として知られるビルの125階に、センセーショナルな新アトラクションを作ろうと考えた。デジタル・メディアのパートナーであるLGとともに、彼らは、踏むとひびが入るように見えるインタラクティブでリアルなシミュレーションを開発した。

ドバイを拠点とするデジタル・メディア・スタジオ兼システム・インテグレーターであるDigiCommのCEO、アブドゥル・バクラニは、「彼らは、本当に壮大で、とても面白いものを求めていました」と説明する。世界一高いビルに限らず、7つの世界記録を持つブルジュ・ハリファは、最上級のものばかりだ。

耐久性に優れた強化ガラス製のLG製55インチOLED 8k解像度スクリーン18台がフロアを構成し、2台のBrightSign XT1144拡張I/Oプレーヤーを搭載している。スクリーンは、BrightSignプレーヤーによってスケジュールされ制御される、時間帯や季節によって変化する456m下の街の非常にリアルなビジュアル・アニメーションを表示する。

設置には15個のNexmosphere XDW-M44センサーが使用されています。片側には7個のNexmosphereセンサーがRS232 XM-350 Xperienceコントローラーに接続され、もう片側には8個のセンサーが接続されています。これらのXperienceコントローラーは、BrightSign XT1144メディアプレーヤーにリンクします。

来場者がセンサーにつまずくと、スカイウォークの床にバーチャルな亀裂が入り始め、どんどんエスカレートしていく。高解像度のCGIグラフィックと同期した音声が、地上125階の足元でガラスが割れるようなスリリングな感覚をもたらす。

バクラニ氏によると、OLEDスクリーンをこのように使用するのは新しい試みであり、何千人もの人々にモーションセンサーを配備するのも挑戦だったという。「コンフィギュレーションを正しく設定するには、かなりの試行錯誤が必要でした。私たち自身も、これほど多くの来場者がいる中でどのように機能するのかわかりませんでした。私たちは試行錯誤を繰り返し、フィードバックを集め、常に改善していきました。本番が始まってからも、完璧なものにするために2週間ほど微調整を繰り返しました"

BrightSignプレーヤーが選ばれた理由は、堅牢性が高く、技術的に実行可能で、コスト効率が高いからである。「最小限の管理で24時間稼動させることができるプレーヤーが必要でした」とバクラニ氏は説明する。ブルジュ・ハリファの展示は非常に人気があり、効果的であり、来場者のほとんどが一度しかブルジュ・ハリファを訪れない観光客であるため、メディア・コンテンツがしばらく変わることはないと予想される。「とてもリアルです。本物だと思って恐怖を感じる人もいます」。

「ガラス張りのフロアは、来場者のアット・ザ・トップの体験に新たな次元をもたらしました。「ブルジュ・ハリファへの訪問を真に忘れがたいものにするハイテク・アトラクションが数多くあります。ここは世界トップクラスの会場ですから、そこで行われるすべてのことが、そこにいることの爽快感を高めてくれることが不可欠です。

このプロジェクトの設置には約2ヶ月を要し、ビルが入場禁止となる午前1時から明け方にかけて作業が行われた。スクリーンは1日中定期的に清掃される。

LG、BrightSign、デジコムは、ドバイ水族館&水中動物園での、デジタル技術と生きた魚を組み合わせた忘れられないサメ体験など、これまでにも数多くのプロジェクトで協力してきた。

BrightSignのデジタルサイネージ製品ポートフォリオに関する詳細は、以下をご覧ください。 https://www.brightsign.biz/.